パーティー選びの注意点-大阪・京都・奈良の婚活

パーティー選びの注意点

【おススメできる評判の良い婚活パーティー】

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimage婚活パーティーや婚活イベントに参加して、幸せな出会いを得た男女は、本当にたくさんいます。

しかし、当たり前のことではありますが・・・

婚活パーティーに参加したら、どんな人にも必ず彼女や彼氏ができるのか?

というと、現実には、そんな簡単にはいきません。

何も対策をしないで参加した場合は、たいていの場合、失敗します。とくに婚活パーティーに初めて参加する方は、何が何だかわからない間に、あっという間に終了してしまいます。

どんなことにも、上手くいく方法やノウハウが、必ずあります。パーティーに参加する前に、大事な情報を得てから参加する方がいいと思います。

 

パーティー選びの注意点

それぞれのパーティー会社には、それぞれの会社の特色があります。

何とかしてカップルを成立させようとスタッフが尽力し、いろいろな企画を組み込むパーティーであれば、カップルも成立しやすいです。

反対に、主催会社は人数を集めるだけで、スタッフはカップル成立にノータッチ、というパーティーもあります。

そんなパーティーなら、当然カップルは成立しにくい。

どうせなら、カップルの成立しやすいパーティーに行った方がいいに決まってます。

 

最終投票(最終アプローチ)の違いに注意する

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimage例えば、婚活パーティーの最後は、たいてい気に入った人の番号を書く最終アプローチというシステムがあります。

パーティーによっては、

『たった一人だけ気に入った人を書く』

パーティーもあれば、

『何人書いてもOK』 というのもあります。

とりあえずカップルになって、多くの異性と連絡先を交換したい、という人なら、『何人でもOK』 のパーティーに行くべきです。

しかし、そんなパーティーで多くの人と連絡先を交換しても、その後恋愛に発展するのか?

というと、そんなに簡単ではありません。

連絡先さえ知ってしまえば、あとは何とかなるだろう、と思っている人にはいいのですが・・・

そこのところの判断はとても難しいです。

連絡先を交換したはいいけれど・・・

後になって冷静に考えてみると、『そんなに素敵な人でもなかった』 となることも多いです。

しかし、一度連絡先を交換してしまうと、一度会っているだけに無視するわけにもいかず、食事やデートの誘いを断るのも一苦労、となってしまいます。

だから、一概に、最終のカップリングで数多く番号を書ける方がいいのか? とも言えないんですね。

反対に、

イベントで会った時は何とも思っていなかったけれど、連絡先を交換して、デートを重ねているうちに、本当に相手のことが好きになってきて・・・

そして最終的に幸せな結婚をした、というカップルも、実際に、たくさんいらっしゃいます。

男女の関係のことですから・・・ これといった法則や決まりはありません。

本当に難しいですね。

ただ、それぞれのパーティーの違いを知ってから立ち回る方が、絶対に成功率は上がります。

 

『年齢』と『パーティーの流れ』に注意

カップル成立のために最も頭に入れておきたい大事な項目が他にもあります。

それは、『年齢』『パーティーの流れ』です。

 

なぜ『年齢』がそれほど重要なのか?

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimage婚活パーティー参加者に聞いたアンケートを見ると、

『年齢層をもっと細かく分けてほしい』 という答えがすごく多いんです。

最近は、実年齢よりも若く見える人や、歳を重ねても魅力的な人も多くいらっしゃいます。

けれども、相手の年齢層が希望と違うだけで、まるでその人を恋愛対象と見ない人が、じつはとても多くいるのです。

『年齢層が違う人と会うのは時間の無駄』 という言葉も聞くほどです。

 

年齢層が幅広いパーティーに注意

参加の条件が『20代、30代、40代』というパーティーがよくあります。

たとえば46歳の男性がこのパーティーに参加すると・・・

相手には26歳や27歳の女性がいるわけです。

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimageやっぱり、若い女性は、アラフォー女性より美しく可愛いと思います。(アラフォー女性に怒られるかもしれません・・・すいません)

でも、46歳の男性と27歳の女性がカップルになれることは奇跡が起きなければ難しいものです。

その二人が話をしている時間は、確かにまったく『時間の無駄』なのかもしれません。

また、アラフォーにとっては酷な話ですが・・・

『若い人が輝いている』

ということは、

『あなたは若い人より輝いていない』

ということでもあります。

あなたが若い人を見て、『可愛いな』 『カッコいいな』 と思うのと同じだけ、若い人はおなたのことを避けています。

年下から見た、あなたとの年齢差は、あなたが思っているよりも、じつははるかに大きい、ということを心得ておかなくてはなりません。

 

もう一つの弊害が・・・

更に、年齢層が違うパーティーに参加した場合、もう一つの弊害があります。

それは、たとえば46歳の男性が周りを見た時に、

たくさんの若くて可愛い女性がいるために、アラフォー女性に目を向けにくくなってしまう、

という問題です。

年齢層の違うパーティーに参加した場合、相手から好かれないだけではなく、自分自身が目移りしてしまい、カップル成立が難しくなってしまうことが多いのです。

本気でカップル成立を目指すなら、自分に最適の年齢層のパーティーに参加することが重要です。

 

なぜ『パーティーの流れ』がそれほど重要なのか?

多くの人は、年齢や年収などの『参加条件』を重要視する傾向があります。確かにそれも大事でしょう。

ですが、実際にパーティーで知り合って結婚したカップルを見てみると、希望の条件通りの相手と結婚した人はほとんどいません

やはり結婚相手として一番大事なのは、書面で知れること以外の、フィーリングや話の内容、容姿がタイプかどうか、などの、その人個人の資質です。

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimageカップルが成立した男性に、女性のどこがよかったのかを聞くと、容姿や雰囲気、というのがほとんどです。

女性も出会う前は条件がどうのこうのと考えますが、実際にパーティー会場で会ってみれば、条件よりもフィーリングの方が大事になるものです。

また、たとえ、書面で知れる条件重視のパーティーでカップルになれても、そのあと結婚まで発展する関係になるのは難しいものです。

とりあえずの恋愛を楽しみたいのなら、それもいいですが・・・

 

初めて参加した人はカップルになりにくい

じつは・・・ パーティーでカップルになれた人の中には初参加の人が少ないのです。

パーティー終了後に聞いたアンケートを読むと分かるのですが、初参加者の男女の中には、

『何が何だかわからないままに時間が過ぎてパーティーが終了した』

という感想を持った人がとても多くいます。

大阪・京都のカップリング&お見合い&婚活パーティーimageパーティーの流れを知らないと、どこでどんな相手を狙えばいいのかがわからず、行き当たりばったりの行動を取ってしまって、チャンスを生かせない人が圧倒的に多いのです。

本気でカップル成立を目指すのなら、パーティーの流れを頭に入れておく必要があります。

各パーティーによって、最終アプローチの数やフリートークの時間などが違ってきます。

例えばフリータイムで、多くのライバルを差し置いて自分からグイグイと話しかけることが苦手な人は多いでしょう。

そんな人はフリータイムが多いパーティーよりも、じっくりと個別の相手と時間が取れるパーティーに参加する方がいいです。

目当ての人に自分からカードを渡すことが恥ずかしいなら、スタッフから渡してもらえるパーティーの方がいいでしょう。

また、最終アプローチで、たった一人の相手を選ぶパーティーと、複数の相手を選ぶパーティーではカップル成立の確率が大きく変わってきます。

きっかけとして何人かの異性と知り合いになりたいのなら、複数の最終アプローチがあるパーティーに行けば必ず確率は上がります。

つまり、

パーティーの流れを知ることによって、自分に合ったパーティーかどうかを知ることができて、立ち回り方がわかるのです。

 

まず自分を知ろう

●自分がフリータイムにガンガン攻撃できる人なのか?
↓↓↓↓↓
できなければ自己紹介タイムの長いパーティーに参加しよう

●自分が連絡先が書いたメモなどを最後に手渡しできる人なのか?
↓↓↓↓↓
できなければスタッフが渡してくれるパーティーに参加しよう

●「この人だ」と思えた相手に、直接自分からアプローチできるのか?
↓↓↓↓↓
できなければ自分が相手を気に入っていることをスタッフが相手に伝えてくれるパーティーに参加しよう

●ライバルが多くても、ライバルより先に自分からアプローチできるのか?
↓↓↓↓↓
できなければフリータイムの少ないパーティーに参加しよう

スタッフがそのパーティーで何をしてくれるのか、どんな協力をしてくれるのかをよく確認しておきましょう。

気に入った人の番号を、いつ、どのタイミングで、何人まで、どうやって伝えるのかを確認しておきましょう。

まず自分の性格に合った婚活パーティーに参加することが何よりも大事なのです。

【おススメできる評判の良い婚活パーティー】

PAGE TOP

▲pagetop