嵐山の名所-大阪・京都・奈良の婚活

嵐山の名所

【おススメできる評判の良い婚活パーティー】

清凉寺
婚活京都のパーティーで出会い
現在の本堂は1701年(元禄14)徳川五代将軍網吉の母、桂昌院や大阪の豪商泉屋吉左衛門らの発起により再建されたものです。本堂内には本尊、釈迦如来立像及び地蔵菩薩立像を安置しています。

祇王寺
大阪京都で婚活出会い
「平家物語」祇王にまつわる悲恋のお寺です。境内には祇王、祇女、刀自、仏御前の墓があり、その隣には平清盛の供養塔があります。

滝口寺
13
滝口寺は、滝口入道と横笛、新田義貞と勾当内侍の2つの悲しい恋物語にまつわるお寺です。

二尊院
14
本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊が祀るため二尊院と呼ばれています。伏見城(薬医門)から移築された総門からは紅葉で敷きつめられた参道が続き「紅葉の馬場」とよばれる紅葉の名所です。

落柿舎
15
松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていました。
落柿舎の名の由来・・・去来の『落柿舎記(らくししゃのき)』には、庭に柿の木が40本あり、その柿を売る約束をした後に、その柿の実が台風で一夜のうちに殆ど落ち尽くしてしまいました。それが落柿舎の名の由来です。

常寂光寺
16
1596年(慶長1)本国寺十六世究意院日禎によって開創しました。多宝塔は1620年(元和6)の建立で並尊閣といい、前面に霊元天皇の勅額を揚げています。本堂は伏見城の建物の一部を移転修造したものといわれています。

御髪神社
17
御髪神社は、日本で唯一の頭と髪にまつわる神社です。理美容業の初祖とされる、藤原采女亮政之公が祀られています。このため、理美容業界から厚く信仰を受けています。また、頭髪を気にして訪れる人も多く訪れます。

大河内山荘
18
この大河内山荘は、名優・大河内傳次郎が古都の霊峰に魅せられて、生涯をかけてこつこつと築き上げたものです。傳次郎は、消えることのない美を求めて、 34歳(1931年)から64歳で逝去するまで30年の歳月に渡り、映画出演料の大半をこの庭の創造に注ぎ込みました。単に別荘というだけではなく、生命を凝縮した創作であったのです。
庭は借景庭園で、四季を彩る桜やもみじに包まれます。中心となる大乗閣からは、嵐山を背に、比叡山、大文字、東山三十六峰、徒然草ゆかりの双ヶ丘を眺めることができ、草庵風の茶室、滴水庵から少し登っていくと、保津川が眼下に見渡せます。

野宮神社
19
縁結び、子宝安産の神様としてあがめられており、多くの参拝者が訪れます。黒木鳥居と小柴垣は平安の風情を醸し出しています

弘源寺
20
天龍寺塔頭寺院の一つで細川家とゆかりの深い禅刹です。竹内栖鳳や門下生など名画家たちの作品を数多く所蔵し、本堂には幕末の長州藩が試し切りをした刀傷が残されています。

天龍寺
21
特別名勝の庭園は、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために、後嵯峨上皇の離宮、亀山殿の跡地に建立したのがはじまりです。嵐山を借景にした夢窓疎石の池泉回遊式庭園で曹源池の中には岩石を組んで渓谷と滝を表しています。「日本の庭に初めて深い思想性を持たせた」といわれる夢窓国師の作庭で亀山(小倉山)と嵐山を借景としており、春は桜、秋は紅葉と四季折々に楽しむことができます。
因みにこの庭園は、日本で一番最初に史跡・特別名勝に指定されました。

宝厳院
22
宝厳院は天龍寺の塔頭で、紅葉色に染まる広大な敷地の回遊式枯山水庭園は策彦禅師作です。庭園内に横たわる巨岩「獅子岩」は目を凝らすと獅子の姿が浮かんできます。参道も紅葉に覆われ、美しい光景を見せてくれます。

渡月橋
23
渡月橋から望む嵐山は季節の調和が美しく、特に桜や紅葉の時期の景色は見事です。平安京の時代から人々はこの景色を眺め、同じ感動を味わってきたのではないでしょうか。地元では、13歳を迎えた男女が法輪寺を参拝した後、渡月橋を渡りきるまで振り返ってはいけない「十三まいり」という行事があります。

【おススメできる評判の良い婚活パーティー】

PAGE TOP

▲pagetop