男性へ・・・気になる女性への告白のしかた-大阪・京都・奈良の婚活

男性へ・・・気になる女性への告白のしかた

【おススメできる評判の良い婚活パーティー】

大阪・京都の婚活飲み会パーティー女性に想いを告白して、断られるのって、とても凹みますよね。

だから・・・

好きな人や気になっている人に、自分の思いを伝えた方が良いということは分かり切っているんだけど・・・

断られることをビビってしまって、何もできない。。。

そして・・・ 状況は何も変わらない。。。

これ、ほとんどの男性が持つ悩みです。

そう、世の中のほとんどの男性が、『フラれることを避ける人』なのです。

これこそが・・・ 

彼女がなかなかできない男性に、一番に共通していること。

そういうモテない君には、

『好きな人や気になる人には、気持ちを伝えないと何も始まらないですよ』

とか、

『断られるのが嫌なのはわかるけどね。そこを乗り切らないと素敵な彼女は、絶対にできないよ』

とか、

『何も行動を起こさなければ、今までと一緒。今までと同じような人生がこの先もずっと続いていきますよ』

とか、

『人はね、歳を取るとともに、新しい人と出会えなくなっていくんですよ』

とか、いろいろとアドバイスをする人が多いです。

けれどね・・・

そんな正論をどれだけ熱心にアドバイスされたって、

『よし、じゃあ今日からフラれることをビビらないぞ! 明日からどんどん告白していくぞ!』

とは、絶対にならないですよね。

そんな簡単に恐怖を取り除けるんだったら、誰もこんなに苦労しないって(笑)

でも、その正論自体は思いっきり正しい、ってことはみんなわかっているので・・・

もし、好きな人や気になっている人ができた時には、絶対に伝えられるようになりたいですよね。

さっきの正論の所で書いたとおりで、『何も行動しなければ、今までの人生と何にも変わらない』んですから・・・

じゃあ、どうすればいいんだろう?

って考えたときに、私の友達の占い師・令龍さんが男性にしたアドバイスがとても参考になりました。

この前、心斎橋で占いイベントをした帰り、何度か参加してくれている33歳の男性と、私と、令龍さんでお茶をしました。

いろいろ、世間話をしている途中に、

『女の人にフラれたり、断られるのは誰でも嫌だよね~』

という話題になり、そこから令龍さんの男性へのアドバイスが始まりました。

彼の占い師としての経歴は、もう20年。

今まにで何万人もの恋愛相談を受けてきた人ですから、彼のアドバイスには重みと現実味がありました。

『女性にはね、重く受け止めなくていいから、軽い気持ちで、自分の気持ちを伝えたらいいんですよ』

33歳のA君は令龍さんの顔をじっと見ていました。

『もちろん、冗談半分とかではダメですよ。軽い気持ちっていうのは、重くならない雰囲気でってことで、あくまで真面目に、です』

令龍さんは続けます。

『軽くでいいから、女性にパスを出してください。するとね、女性からはちゃ~んと男性が流れに乗りやすいように、きれいなパスを返してくれますよ』

A君は、『ホントですか?』って聞きます。

令龍さんは笑顔で頷き、また続けました。

『あなたが、正直に、真面目に、女性に気持ちを伝えたなら、その彼女はあなたの気持ちに直ぐに応えるのか? 断るのか? 様子を見るのか? をちゃんと、分かりやすく、また、男性ができるだけ傷付かないようにパスを返してくれます』

A君はまだ令龍さんの言葉の意味を理解できていなくて、キョトンとしていました。

『だからね・・・ フラれることって、じつは男性が思っているほど辛くはないんですよ』

ずっとやさしい笑顔で、令龍さんはA君に語りかけていました。

そして、令龍さんはもう一度最初に言った言葉を繰り返しました。

『でも、最初のアクション、最初のパスだけは、男性から出さないといけません』

さすがです、令龍さん!

僕はこのアドバイスを聞いて、

『さすがだなあ~・・・』って感動しました。

確かにそうですよね。

男性よりも、女性の方がはるかにコミュニケーションのスキルは高いです。

男性の気持ちを汲み取って、その後お互いが傷つかないように配慮することなんて、きっと女性にとっては朝飯前です。

その時に、そんな配慮も何もなく、オトコの気持ちを傷付けるように断る女性は、ただの『バカ女』です(笑)

優しさのない『バカ女』はこちらから願い下げてやればいいだけの話。

さすが令龍さん! です。

令龍さんからA君へのアドバイスは・・・

令龍さんが今までの20年の占い師の経験から得た、女性に関する知識を教えるだけではなく、

A君の不安を取り除いて、A君の背中をそっと押してあげています。

僕も含めてだと思いますが、世間の人がよくやるアドバイスは、知識と方法を教えているだけで、背中を押してはくれません。

『イイ占い師っていうのは、占いの技術が凄いのではなくて、その人の進むべき方向に向かせてあげる人のことを言うんだなあ・・・』って感じたのでした。

私からのアドバイス

例えばね、あなたが好きな女性を食事に誘うとする。

彼女が、『すみません。その日は予定があって無理なんです』って断ったとする。

あなたは、『じゃあ、○○日は?』って聞く。

彼女が、『今すぐは分からないので、また連絡します』って言ってくる。

そして、その後、彼女からの連絡は一向にない。

この後、モテない君は彼女からの返事が気になって気になって仕方がないから、何度もメールをしてしまう。

『とても忙しいんですね?』

とか

『何日なら空いてますか?』

とか

『やっぱり僕ではダメですか?』

とか

気持ち悪いメールを送ってしまう。

すると、その後、彼女からの連絡は、もう本当になくなる。

それか、

『あなたのことを恋愛相手として意識していないわよ』 的な、お断りメールが送られてくる。

ここでね。

モテない君は、その『ちょっとキツメのお断りメール』を受けて、

『やっぱりフラれるのは辛いなぁ・・・』

って傷ついてしまうんだなあ。。。

アホかっ! です。

おまけに、その女性のことを『優しくない女性』とか思ってしまう男性もいる。

再び、アホかっ! です。

こんなに優しい女性はいませんよね。

最初の返信メールを受けたときに、ここで男性は気付かなくてはならないんです。

『あ~まだ僕は付き合う相手としては認められていないんだな。。。』 と。

『もっと頑張ろう』 と。

女性の本心は、

『あ~、○○君に誘われちゃったなぁ。。。〇〇君のこと、嫌いではないんだけど。。。特別○○君と食事に行きたくもないしなぁ。。。まぁ、適当に断っておこうかな』

って感じです。

そして、またその男性から別の日を指定されると、

『えっ、まだ誘ってくるの? どうやって断ろうかな?』

って感じです。

『まあ、また暇な時があったら、その時は食事に行ってあげてもいいけどねぇ・・・ 今はそんなに暇じゃないのよねぇ・・・』

って感じです。

彼女がそんな感じの時に、男性から、何回も、何回も、返事をせかされたら、もう、

チーン ! 

で、終了です(笑)

もしも、女性に本当に大事な用事があって、「貴方となら食事に行きたいなあ」と思っているなら、必ず彼女の方から、こちらがまた誘いやすいような返事を返してくれますよ。

例えば、

『すみません。その日はどうしても外せない用事があります。行きたかったんですけど。。。また、ぜひ誘ってくださいね』

とか

『すみません。その日は仕事が入ってるんです。翌週の土日なら大丈夫です』

とかね。。。

どうです?

次、また誘いやすいでしょう? 

脈のある女性からの返信メールは、こんなに返しやすいパスをくれるんです。ホント、女性は天才的アシスト王です。

だから、もしあなたが気になる女性に、2、3度お誘いしても断られ、おまけに返しやすいパスをくれなかったら、現時点での可能性は少ないんですね。

ほとんどの女性は、こうやって、なんとな~く、可能性が少ないってことを雰囲気で教えてくれています。

どうです?

これなら、誰も傷付かないでしょう?

女性って、じつは、こんなに優しいんです。 

反対に、これができない女性も・・・ 反省しなくちゃいけません。

女性は、男性と違って、直接的に真実を伝えるようなことをしません。

その辺、男性はあきませんね、男性は。。。(笑)

男性から女性をフル時や交際を断る時なんて、直接的に理由や原因を、論理的に言ったりします。

もう、全然ダメです。

恋愛には、論理や法則なんて関係ないのに。。。

では、なぜ、世の中には、女性にフラれて傷付いている男性がたくさんいるのか?

なのですが・・・

ここからが、とっても重要なことなので、とくに男性は、よ~く覚えていて下さいね。

それは・・・

あなたが女性から傷付けられるのは・・・

『厳しい言葉で言わないとダメな時』 

なんです。

それって、どういう時か、わかります?

このページの序盤の方でも言いましたね。

あなたが普通に良い人で、特別に嫌悪感とかがない人だったら、女性からあなたを遠ざけるようなことは、ほぼありません。

男性も女性も、人から好意を持ってもらうのは嬉しいもんです。 

自分を好いてくれる人がいる、って、メチャクチャ幸せに感じます。

こんな幸せを、女性はずっと維持しておきたい、と思っています。というより、わざわざ遠ざける必要性はないんです。

しかしですね。。。

この、自分を好いてくれる男、が、調子に乗り始めると、『心地イイ奴』から、一気に、『面倒くさい奴』に変化してしまいます。

具体的に言うと、

何度も連絡を取ろうとする

とか、

返事をせかす

とか、

自分の主張を押し付けてくる

とか、

女性のことをもっと知りたがる

とか・・・ 

いわゆる、ストーカー感、や、頑張ったらイケるかも・・・感、を出してくるんです。

この時点では、『まだまだ頑張ってもムリなんだな』と、感じ取ることが正解なのに。

そうなるとね、女性は、

『この男、この先、このまま調子に乗せたらエライことになるんじゃないか・・・』

という不安から、早めの釘を刺すんです。

お互いのためを思って、です。

だからね。。。

女性に告白する時には、脈があるな、って確信が持てるまでは、絶対にしつこく迫ったらダメ。

どこまでも心地いい存在でいればいい。

その間に、自分のレベルを上げてやるんです。

自分の素敵な部分を増やしておくんです。

必ずチャンスは来る、と信じて。

ちなみに・・・

全員が全員、努力して新しい自分を作る必要なんかありません。

今持っている、自分の魅力の見せ方をちょっと変えるだけで、ガラッと印象が変わることもよくあります。

もう一回、言います。

必ずチャンスは来ます。

本当です。


【おススメできる評判の良い婚活パーティー】



PAGE TOP

▲pagetop